9/29開催 第2回実践的アプローチ講習会受付け延長について 2019/08/26
2019年度_アプローチ講習会_1.pdf [4202 Kb]
受付け期間を延長しております。

事前にメールによるお申込みと受講料のお振込みをお願いしております。
受講ご希望の方は早々にお手続きをお願い致します。

<お申込みについての問合せ>
担当:藏方
E-mail:kurakata@brain-tkk.com
mobile:090-1734-5114 (つながらない場合は後刻かけ直し致します)


●第2回 9月29日(日)
1・「高次脳機能障害者支援の施策の現在、そして未来、課題」
鈴木智敦氏 (名古屋市総合リハビリテーションセンター/自立支援部長兼事務局長参事、 前厚生労働省/社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課/相談支援専門官)

2・「高次脳機能障害 必要な支援 〜心理士の立場で〜」
山口加代子氏 (中央大学/文学部/講師/心理士)

3・「高次脳機能障害に対する医療機関の役割」
渡邉 修氏(東京慈恵会医科大学附属第三病院/リハビリテーション科/教授/診療部長/医師)

4・事例検討「〜 交通事故被害による高次脳機能障害者とその家族に必要な支援とは? 〜様々な視点から皆さんと検討会」
渡邉 修 氏 ・古田兼裕氏(交通事故弁護士全国ネットワーク/代表弁護士)


主催:NPO法人 東京高次脳機能障害協議会